無料占いについて

占いを信用しないという人もいるかもしれません。しかし、たかが占いと侮ることはできません。
日本では古来から願掛けという神様に願いが通じるように、決まった形式を行うことで、神に願うという文化があります。
占いに直接関係性は無いように感じる願掛けですが、占いも一種の願掛けと考えると、占いで良い結果が出れば、その結果を達成させるため、何事にも真摯に向き合おうとしませんか?
願掛けも「○○が出来れば成功する」といった個人的な願掛けの形式で、願掛けをする人のモチベーションを高める効果があります。

モチベーションを向上させることで、その人が今以上の実力を発揮することもあります。こうした理由から願掛けと占いは似ている部分があると感じます。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」人の心をいつの時代も魅了する、占い。アジアの歴史ドラマでは、儒者が人相学や占星ができる
設定のものが非常に多く見られます。日本の歴史ドラマにはあまり見られない見識者が占いを行う様子。現在でもよく当たる有名な占師が
アジアにはいると、時折メディアで取り上げられることがあります。日本とアジアのその他の地域の違いは、一体どのあたりにあるのでしょう。

調べてみるとどうやら、「教え」にあるようです。日本ではあ広まることのなかった「儒教」が大きく影響しているようです。
孔子によって体系化された儒教。孔子の生きていた紀元前500年ごろには占いの原型となる易経は、基本の教えの一つとして多くの門徒に
学ばれていたようです。儒教の基本となる五経「詩経・書経・礼経・易経・春秋経」(5つの経典)。その一つ易経が現在でいう占いです。
今でも、街角に「易」と書かれた行燈をつけ、占いを求める人が来るのを待っている人を見かけることありませんか?
まさに、その易が易経を指している。というわけです。
易とは、森羅万象の変化の法則を説くものとされ、国の大きな判断を易の結果によって左右するほどの信頼と重責が占師には課せられていたようです。

古くから庶民や王様の判断を下す際にも頼られ判断の一つとして発展してきた占い。
現代でも、人生の不安を感じた時「占いをしてみたい。」と考える人は少なくない話です。けど、本物の占い師に占ってもらうのは少し気が引ける。
なんだか足を運んでまで占うのはちょっと。毎日の運勢をちょっと参考にしたいだけ。

そんな人にお勧めなのが、無料占いです。星座にタロット、姓名判断などお試し無料の占いなどを紹介しています。



人生で初めて出会う占い



■サイト紹介
デコメ比較Web

無料姓名鑑定