人生で初めて出会う占い

「占いに人生最初に接するのは、自身につけてもらう「名前」なのかもしれません。
苗字と合わせて、できるだけ良い画数の名前を考え、名づけられることは多いようです。姓名判断と聞くとかなり歴史ある占いかと
思われがちですが、日本においては実のところそうではありません。
そもそも日本に姓を名乗る制度が定着したのは明治の話。明治の初めからざっと遡っても150年程度。
日本ではさして歴史のある占いではないのが実情です。しかし姓名判断の元となる五行や陰陽などは、中国からきたものであり、
中国とは占いの解釈はいろいろい違う点が多いものの、考え方としては古いもの、歴史あるものなのかもしれません。

姓名判断と聞くと、画数だけで判断されている。と思いがちですが、実のところそうではないようです。
それぞれの流派によって差はありますが、生年月日や姓名の音、星の位置など様々な要因を踏まえて判断されるものの様です。
日本や中国では、名前が大きな意味を持ち、出来れば吉名をつけたいと考えがちですが、その他アメリカなどの横文字圏では
姓名判断などという占いの文化はどうやらないようです。



無料占い案内Navi TOP